1. トップ
  2. ファインラクト
  3. 成豚用ファインラクト

乳酸菌混合飼料 ファインラクト® FINELACT® 乳酸菌とビフィズス菌のチカラで健康な腸内菌叢を作る「ファインラクト」。

成豚用ファインラクト®

有用菌優位の腸内菌叢で豚の健康をサポート

健康な豚を育てるには、豚の腸内菌叢が健康(有用菌優位の腸内菌叢)であることが最も重要な条件となります。健康な腸内菌として働くビフィズス菌・乳酸菌を選抜した成豚用「ファインラクト」を給与することにより、成豚の腸内の有用菌を定着・育成させ、豚の健康維持の手助けをします。

良い腸内菌叢が、おいしい肉生産につながる

近年の飼育環境では、豚にとって最重要菌となるビフィズス菌はなかなか定着しにくく、乳酸菌もかなり弱っているようです。離乳時には子豚の腸内に有用菌割合が少ない状態をまねきやすく、その後の成長に悪影響が出ることが考えられています。また、母豚は有用菌が優勢の状態であれば健康的な腸内環境の維持に貢献するだけではなく、新生(生まれたばかりの)豚へ有用菌を定着させることができるなど、健康な腸内菌叢の形成をサポートします。
有用菌優位の健康な腸内菌叢が形成されると、安定的な腸内の健康をサポートすることができます。そうした腸内菌叢の環境を作るために、成豚用「ファインラクト」を使用し、有用菌を増やすことで、豚は健康に成長し、体重の増加・育成率の向上が期待でき、またおいしい肉生産も期待できます。

製品特長

■ 健康な成豚由来の高濃度ロイテリ菌が活躍します。

成豚用「ファインラクト」には、健康な成豚より選別した当社独自のロイテリ菌を含む、乳酸菌とビフィズス菌が高濃度で入っています。

■ 離乳子豚や種豚にご使用いただけます。

豚舎移動、離乳時、エサの切り替えなどの時期に!

乳酸菌(ロイテリ菌) ビフィズス菌

製品概要

■ 飼料の種類

乳酸菌混合飼料

■ 原材料名

デキストリン、乳酸菌、ビフィズス菌

■ 荷姿

1袋(50g入)=離乳子豚150頭分、種豚25頭分

FPTS :離乳子豚750頭分、種豚125頭分(50g x 5袋入・紙箱入)
FPT :離乳子豚3,000頭分、種豚500頭分(50g x 20袋入・ダンボール)

■ 保存上の注意

開封前:冷凍(-20℃/家庭用冷蔵庫で可)で2年間保存できます。
開封後:開封後は速やかに使用してください。

■ 給与方法
  1. ①混合する30~60分程度前に、フリーザーより出して常温に戻してください。
  2. ②成豚用「ファインラクト」を給与してください。
    種豚:すぐに食べるタイミングで1頭あたり1~2g程度を餌の上にのせて給与して下さい。
    離乳子豚:1gに対し水3㎖の割合で綺麗な容器にて溶解し、子豚1頭に対し約1㎖を給与してください。
■ 給与上の注意
  • ・溶解水は常温水道水(10℃~25℃)で構いませんが、できるだけ塩素の影響を少なくする措置が必要です。
  • ・冷凍状態で開封すると、結露により急激に吸湿し、固化する可能性があります。
  • ・混合する容器は、事前に十分洗浄し、残留物の影響を受けないようにしてください。
  • ・混合は、水を十分に攪拌しながら成豚用「ファインラクト」をサラサラと少量ずつ加えてください。
  • ・屋外での添加時は、直射日光による水温の上昇には十分注意してください。
  • ・混合後は、速やかにご使用ください。混合後に再度凍結保存すると菌は死滅してしまいます。
  • ・上記の給与量は目安であり、それ以上与えても問題ありません。(多く与えた方がより早く効果がでます)
  • ・2.5㎖の計量スプーンすりきり1杯で約1gです。

1袋(50g入) 離乳子豚:150頭分 種豚:25頭分